【mineoキャンペーン12月】大盤振る舞いとの違いは?過去のキャンペーンと比較してみた!

格安スマホと格安SIMの違いは?格安SIMと格安スマホはまったく別の言葉です!

 

 

 

格安SIMと似たような表現として格安スマホという言葉があります。

 

 

 

格安SIMと格安スマホは時に同じ意味で使われる事があり
格安SIMを検討されている方が迷ってしまう事があります。

 

 

そんな格安SIMと格安スマホの違いをご紹介させて頂きます。

 

 

格安SIMと格安スマホの違いは?

 

mineo

 

 

 

格安SIMと格安スマホの違いは
いきなり回答から書かせて頂きますと格安SIMはキャリアの事
格安スマホは端末の事をさしている場合が多いです。

 

 

 

格安SIMとはmineoや楽天モバイル、UQmobileなど
格安SIMキャリアが提供するSIMサービスの事を言います。

 

 

そのため格安SIMとは格安料金で使用できるSIMカードの略称だという事もできます。

 

 

格安SIMの特徴はやはりその月額料金となり月額1000円以下から
月額2000円台でデータ通信が利用できる通信サービスとなっています。

 

 

 

続いて格安スマホとは3万円程度で購入できるスマートフォンの事をさし
主に中華メーカーや台湾メーカーの販売している端末が格安スマホとよばれています。

 

 

具体的なメーカー名を挙げてみるとHuaweiやASUSなどが
人気の格安スマホメーカーとなっています。

 

 

お得な廉価版として販売されているiPhoneSEシリーズは
この格安スマホに分類されるか微妙なラインではありますが
端末価格は4万円近い事もあり格安スマホとよんで良いかもしれませんね。

 

 

 

 

格安SIMと格安スマホが混同してしまった理由は?

 

mineo

 

 

このように格安SIMと格安スマホには言葉の上で大きな違いあります。

 

 

この2つの言葉が混同してしまった理由として格安SIMが普及しだした黎明期に
雑誌などで著名なガジェット紹介者がiPhoneなどに格安SIMを指して
格安スマホとして使っていると紹介されたのがきっかけとなります。

 

 

その後、たびたびiPhoneなどの高級スマホに
格安SIMを指して格安スマホとして紹介されることがあり
格安SIMと格安スマホの意味が混同して使われるようになりました。

 

 

現在でも格安SIMを検討されている方は
格安SIMの事を調べる時に格安スマホと検索される事が多く
まだまだ混同して言葉普及している状態となっています。

 

 

 

ちなみに私もその一人でした。

 

 

 

格安SIMを検討して月額料金の節約を調べてみても
ASUSやHuaweiの端末紹介ばかりの記事がヒットしまうと
ただでさえ敷居の高い格安SIMの利用がとても難しく感じてしまいますよね。

 

 

特に最近では格安スマホで人気のメーカーである
ASUSやHuaweiでも5万円を超えるような高級端末を発売するようになり
格安スマホが高額になったなんて記事を読んでしまうと確実に混乱してしまうでしょう。

 

 

 

格安SIMと格安スマホはまったく別の言葉として
定着しつつあるので混同しないように注意してくださいね。

 

 

 

格安SIMのおすすめはやっぱりmineo!

 

mineo

 

 

そんな格安SIMですがやはりおすすめはmineoとなります。

 

 

mineoはau回線とドコモ回線のマルチキャリアで利用できる
格安SIMキャリアとなり対応端末がとても多い事が特徴です。

 

 

ドコモで利用していたiPhoneやandroid端末
auで利用していたiPhoneやandroid端末がしっかりと利用する事ができます。

 

 

またSIMフリー端末ももちろん利用できるので
これらの端末をお持ちの方はぜひmineoを検討してみてくださいね。

 

 

mineoではタイミングが良ければとてもお得なキャンペーンも開催しています。

 

 

mineoは新型iPhoneへの対応も格安SIMキャリアトップクラスですし
安心して使っていただける格安SIMキャリアとなっていますよ。

 

 

 

mineoの申し込みページ