mineoの11月キャンペーンは過去と比べてどれだけお得?過去のキャンペーンと比較してみた!

格安SIMの通信速度やデータ通信の安定感はどうなの?

 

 

格安SIMといえばmineoや楽天モバイル、UQmobileなど有名ですよね。
3社ともテレビCMをバンバン放送して利用者をたくさん獲得しています。

 

 

そんなめきめきと利用者を増やしてる格安SIMですが
日常使いで一番重要なのは通信速度とデータ通信の安定感です。

 

このエントリーでは格安SIMの通信速度
データ通信の安定感について解説させて頂きます。

 

 

 

格安SIMの通信速度やデータ通信の安定感はどうなの?

格安SIMの通信速度やデータ通信の安定感はどうなの?

 

 

格安SIMの通信速度は格安SIMのサービス開始直後は
とても不安定で利用者のデータ通信が多い時間帯では
とても通信速度が遅くなってしまったりしていました。

 

 

しかし現在の格安SIMの通信速度は利用者の増加と共に
通信設備も毎月しっかりと増強されかなり安定するようになってきました

 

 

またmineoや楽天モバイルなどの人気の格安SIMキャリアの
平均通信速度も多少、地域によってばらつきがありますが
10Mbpsから15Mbpsの間でとても安定するようになってきています。

 

 

ウェブサービスの利用には3Mbps以上の通信速度が推奨されているので
平均10Mbps以上なら全く問題の無い通信速度となっています。

 

 

格安SIMの平均通信速度は10Mbpsから15Mbps!

 

 

 

格安SIMのお昼の通信速度はどうなの?

 

 

 

格安SIMの通信速度で必ず理解しておきたいのは
お昼の通信速度についてです。

 

 

格安SIMの通信速度についてしっかりと調べてらっしゃる方は
すでにご存知かもしれませんが、格安SIMのお昼の通信速度
データ通信を行う方がとても多い事もあり、通信速度が低下してしまいます。

 

 

これは利用者が多く、毎月の設備増強をしっかりと行っている
楽天モバイルやmineoも同様でお昼12時30分頃から13時程度までの間
1Mbpsから2Mbps程度の通信速度となります。

 

 

このお昼の時間帯では主にLINEなどでのメッセージ交換や無料通話、
テキスト中心のまとめアプリなどの利用がおすすめとなります。

 

 

お昼の時間帯では画像データの多いアプリやwebサイトの表示は遅くなり
ストレスとなってしまうのでしっかりと理解しておきましょう。

 

 

格安SIMの利用はこのお昼の時間帯にどれだけ不便と感じるかで
利用している格安SIMキャリアの満足度が大きく変わってきます。

 

 

お仕事などでお昼の時間帯にデータ通信をよく行う方は
最低利用期間が設定されていないデータ通信SIMなどを利用して
あらかじめ通信速度や通信状況を確認する事をおすすめします。

 

 

また逆格安SIMの利用でとても快適な時間帯は午前中となっています。

 

 

午前中での通信速度は利用者も少ないので
平均で20Mbpsを大きく超えた通信速度となっています。

 

 

私が計測した場合でも100Mbpsを超えた場合もあるので
午前中にデータ通信をよく行う方は格安SIMがぴったりだと思いますよ。

 

 

 

お昼の時間帯に通信速度が下がらない格安SIMキャリアはあるの?

 

 

どれだけ設備増強をしっかりと行っても
格安SIMのお昼の通信速度はとても不安定となってしまいます。

 

しかし格安SIMキャリアの中にはそうしたお昼の通信速度が下がらないキャリアもあります。

 

 

それがUQmobileとなります。

 

 

UQmobileは通信速度実測値が格安SIMキャリアでNO1となるほど
通信速度に特化した格安SIMキャリアとなっています。

 

 

楽天モバイルやmineoなどで1Mbps程度になってしまうお昼の通信速度が
UQmobileなら10Mbps以上の通信速度で利用できます。

 

 

UQmobileは通常プランのデータ通信量が3GBのみと
プランの数に少し不満がありますが通信速度にこだわるなら
とてもおすすめの格安SIMキャリアとなっていますよ。